Newborn photoとは何??

海外ではお宮参りという習慣や文化がないため一般的な撮影の一つでもあるNewborn photo。

 

日本ではまだまだ認知されていない撮影スタイルです。

 

ニューボーンフォトが知れ渡っていない日本では、プロに撮ってもらう子供の一番最初の写真としてお宮参りがスタンダードですがHSPは一番最初の写真はNewborn photoにしていきたいと思っています。

 

生後間もない赤ちゃんは、まだお母さんのお腹の中にいたときに近い丸みを帯びた身体の形状を記憶しています。その時にしか撮れない写真がニューボーンフォト。

 

赤ちゃんが生まれて間もない、この感動と感謝の気持ちを神秘的な一枚に残してみるのはいかがでしょうか? 最近では、芸能人でもニューボーンフォトを撮る方も増えてきているようです。

 

その新生時期特有の可愛らしさをきちんと記念写真に収めることで、

 

「出産したときの気持ちを忘れない」

 

「慌ただしく過ぎ去ってなかなか思い出せない」ということが無いようにしましょう。

 

そして、子供が大人になった時、自分が如何に愛されて生まれてきたかを再認識するきっかけになれば幸いです。

 

生後一ヶ月にもなると関節も固くなり手足もよく動かすようになります。ですからHSPでは生後3日から14日までの撮影をお勧めしています。そのため、赤ちゃんとお母さんの体調などを考慮した上で、ご自宅に私たちが伺って撮影することにしました。

 

撮影する場所は4畳ほどのスペースがあれば大丈夫です。簡易スタジオをセットして撮影を開始します。

 

撮影でよく心配される方がおられるのがフラッシュの光を赤ちゃんに当てても大丈夫なのか?という点です。HAPPY-SMILE-PHOTOGRAPHYでは基本、赤ちゃんが入眠している時に撮影しますので直接フラッシュが眼に当たることありません。また、光を柔らかく拡散する機材を使用しますので安心していただけるかと思います。

 

HAPPY-SMILE-PHOTOGRAPHYは、赤ちゃんとご家族のみなさんの「幸せ」と「笑顔」に立ち会えることを喜びとし感謝の気持ちで撮影することに努めてまいりたいと思います。